MENU

膠原病の症状である赤い斑点について

スポンサーリンク

膠原病の患者さんは、体に皮疹が出て発症に気がついたという方も少なくありません。
そもそも膠原病とは、単独の病気ではなく、いくつかの病気のグループの総称となるのですが、膠原病の中でも全身性エリテマトーデス、皮膚筋炎、結節性多発動脈炎で皮疹の出るケースが多くなっています。
 膠原病による皮疹は、通常かゆみを伴わないという特徴があります。
形は病気の種類や状態によってさまざまなのですが、全身性エリテマトーデスの場合には、鼻を中心として、蝶が羽を広げたような形の赤い斑点が現れます。
この赤い斑点は「蝶形紅斑」と呼ばれるものであり、この赤い斑点が診断の決め手となっています。
 赤い斑点を見れば、問診の段階で膠原病の発症の有無についておおよその見当がつきます。
問診で膠原病が疑われる場合には、診察、血液検査、尿検査、画像検査が行われ、その結果を総合的に判断して診断が下されるようになります。
膠原病の診断の際に行なわれる血液検査は、検査項目が多く特殊なものとなります。
 スポンサーリンク

 全身性エリテマトーデスの患者さんは、日常生活の中でできるだけ日に当たらないように気をつけなければいけません。
日光があたった皮膚には、赤い斑点ができるからです。
赤い斑点は、鼻を中心とした蝶形紅斑だけではなく、目の下あたりの頬に赤い斑点ができる場合もあります。
全身性エリテマトーデスの「エリテマ」とは、顔や手に出現する赤い発疹を意味しています。
 膠原病の一種である全身性エリテマトーデスは、多くの臓器に次々と炎症が起こるために、一昔前までは命を落とす危険性のある疾患でした。
しかし、医学が飛躍的に進歩した現代においては早期発見が可能であり、なおかつステロイド薬の登場によって、5年生存率が95%となっています。
膠原病は、根治療法が存在していない難病ではあるのですが、決して怖い病気ではありません。

適切な治療と生活習慣を実践することによって、深刻な事態に陥るリスクを大幅に軽減させることが可能となっています。

スポンサーリンク

関連ページ

膠原病の初期症状と湿疹とかゆみ
膠原病の疑いがある症状と、問診票の項目によるチェック方法
膠原病の皮膚症状とかゆみについて
膠原病の初期症状となる足のむくみ
膠原病の初期症状に蕁麻疹が出る理由とは
膠原病の初期症状や子供が罹る小児膠原病の症状などについて
膠原病の症状で、顔の皮膚などに赤い湿疹が出ます
直接的な死亡原因ではない膠原病の症状と、患者さんの寿命
膠原病の中の強皮症の特徴と、患者さんの寿命や余命について
膠原病の一種であるSLEは完治するのか
膠原病の血液検査における抗核抗体の数値について
膠原病の血液検査の項目について
膠原病の血液検査で異常なしで出た場合
膠原病の血液検査での抗核抗体の数値について
膠原病の診断の際に行なわれる血液検査の費用について
膠原病が遺伝する確率について
膠原病を悪化させる原因となる精神的ストレス
自己免疫疾患である膠原病患者さんの免疫システムの違い
完治することのない膠原病の治療について
膠原病の患者さんは、生存率を高めるために間質性肺炎に注意が必要
膠原病の一種である強皮症の合併症である間質性肺炎と予後について
膠原病のような難病に対する医療費の助成について
膠原病患者さんの妊娠・出産のリスクについて
膠原病に似た症状の病気は、多く存在しています
膠原病を発病すると疲れやすい
膠原病と診断されたら
膠原病の男性の有症率と、患者さんの仕事について
膠原病の原因は解明されていませんが、食生活で改善させられます
膠原病の治療期間について
膠原病の一種である全身性エリテマトーデスの白血球減少
膠原病の予備軍の症状